So-net無料ブログ作成
検索選択

野生のトラ絶滅危機 100年で10万頭→4000頭に(産経新聞)

 野生のトラが絶滅の危機にひんしている。推定生息数は20世紀初頭に全世界で10万頭だったが、現在は4千頭にまで減少。自然保護団体のWWFジャパンはえとにちなみ、トラ保護活動への寄付を募っている。

 ベンガルトラ、アムールトラなど、トラには9の亜種があるが、うち3種はすでに絶滅。残る6種も絶滅危惧(きぐ)種などに指定され、野生の生息数より動物園などの飼育数が多いのが実情だ。薬の原料となる骨や毛皮目当ての密猟、農業開発などに伴う森林破壊が原因だという。

 WWFジャパンは「森林破壊で作られた製品が流通している日本でも人ごとではない。トラの実態を知り、行動を起こすきっかけにしてほしい」と話す。詳細はWWFジャパン特設サイト(www.wwf.or.jp/campaign/2009_win/)で紹介している。

ちばらき大奥事情
My First JUGEM!
クレジットカード現金化
債務整理無料相談
クレジットカード現金化 即日

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。